TEL082‑231‑0857


採用に役立つコラムCOLUMN

新卒既卒を募集する時に事業主さんに用意していただきたいもの

従業員の採用にあたって、厚生労働省の助成金がうけられる場合があります。
中小企業・一定期間・解雇者をだしていない等条件はありますが、雇入れに関する助成金で、代表的なものをご紹介させていただきます。

トライアル雇用助成金

一般トライアルコースでは、職業経験等が浅い方・離職して 1 年を超えている方等をハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介で、試行的に ( トライアル ) 雇用する事業主に対して、1 か月最大 4 万円・最長 3か月 ( 最高 12 万円、母子家庭等は 15 万円 )助成されます。

採用面接をした時、「今までやったことのない仕事だけど、頑張って取り組んで行きたいです!」というやる気のある求職者を、経験がないだけで採用しないのはもったいないですよね。
3 か月の有期契約なので、やはりこの仕事に向いていなかった・ここまでやってほしいという基準に達せなかったという場合、3 か月で契約を終了することができます。事業主が今後、正社員として雇い入れるか、判断できる期間が 3か月できるのです。

特定求職者雇用開発助成金

特定就職困難者コースでは、60 歳以上 65 歳未満の方・障害者・母子家庭の母等を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介で雇い入れた事業主に対して、フルタイム勤務で一人あたり 60 万円(障害者は 120万円)、パートタイマーなど短時間勤務でも40 万円(障害者は 80 万円)助成されます。

最近では、女性同士や母子家庭の母同士で、うまくシフトを組んで働ける職場もたくさんあります。また、60歳以上の方も、まだまだ即戦力です。三年以内既卒者等採用定着コースでは、学校の既卒者・中退者の応募が可能な新卒求人で募集をし、初めて雇い入れた場合に条件を満たすと、事業主に 70万 ( 高校中退の場合 80 万 )助成されます。

助成金は、ハローワーク等の紹介での採用等、採用面接までに準備・計画が必要な場合が多くありますので、事業主のみなさんには、事前にご相談をお願いしています。

一問一答!失敗しない採用のポイントをおさらい